チョコレート嚢腫とはどんな病気かというと、チョコレート嚢腫は子宮内膜症の一種です。 子宮内膜症とは、子宮内で起きる病気ですが、チョコレート嚢腫は卵巣内で子宮内膜症が起きる病気なんです。 そして、卵巣内に血が溜まり、その血がドロドロのチョコレートのような嚢腫なので、チョコレート嚢腫といいます。 最近では、チョコレート嚢腫になる女性が増えてきています。 なぜ、チョコレート嚢腫になるのかというと、ストレスや血液の流れが悪い、月経血が逆流するためなどと言われていますが、実際のところ、医学的な原因はわかっていません。 しかし、チョコレート嚢腫になる方が増えてきているので、ストレスが大いに関係しているのだと思います。 チョコレート嚢腫になると、腰痛や激しい月経痛、不正出血、性交痛などの症状が現れるでしょう。 でも、中には、全く症状がないという方もいます。 早期発見できればいいのですが、症状が悪化すると、チョコレート嚢腫はどんどん大きくなり、破裂していまうこともあるのです。 破裂していまうと、回復手術をしなければなりません。 ですので、女性は1年に一度、子宮がんの検診を受けることをオススメします。